文屋朝康 百人一首

白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

文屋朝康

白露に 風の吹きしく 秋の野は

つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

文屋朝康

読み方

しらつゆにかせのふきしくあきののは

つらぬきとめぬたまそちりける

タグ

白露

百人一首 一覧

[スポンサード リンク]