周防内侍 百人一首

春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなくたたむ 名こそをしけれ

周防内侍

春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

かひなくたたむ 名こそをしけれ

周防内侍

読み方

はるのよのゆめはかりなるたまくらに

かひなくたたむなこそをしけれ

タグ

手枕

百人一首 一覧

[スポンサード リンク]